一日中気になる、ニキビ。

中学を卒業してから急に出来始めた「ニキビ」。それまでは男の子にしては珍しいくらいにツルツルのお肌だったのに。
まず最初にでき始めたのは、顎のエラ?の部分でした。そこから、頬を中心に顔中に広がって行き、ついたあだ名は「ニキビマン」。それでも、治ればいいなぁ程度にしか考えておらず治療も特にしてきませんでした。
しかし、時は経ち30代になった今では、顔中に目立っていたニキビはすっかり治まりました。ですが、できやすい体質なのか疲れが溜まった時などに大人ニキビができてしまいます。私の場合、疲れが溜まっているのを自覚するきっかけがこの大人ニキビです。
そんな30代男性の、大人ニキビ。一番できて嫌なのが、「鼻の内側」。鼻の内側にニキビができたと言うと、「そんな場所にニキビってできるんだ!?」とみんなに驚かれます。この「鼻の内側」のニキビができると、一日中その事が気になってしまいます。何故かって?どんな風になっているのか見たくても、鼻の中なので鏡で見るのも一苦労、しかもそんな姿を見られるととても恥ずかしい顔を見られる事になります。触ろうにも、そんな事をしたら鼻をほじっているように見えてしまう!!見れないから、触れないから、逆に気になって仕方がない。一日中、わからないように鼻を動かし、鼻の中のニキビの存在を確認してしまいます。本当に嫌な、「鼻の内側」ニキビです。


Leave a Reply